ページの更新
住宅リフォームは「増築」と「改築」の二種類があります。「増築」とは床面積を増やして家を建て増しすることで、「改築」とは床面積を増やさないで既存部分に手を入れることという違いがあります。ただし、増築と改築は切り離せないケースが多いのも現実です。例えば、増築工事の際に、既存部分の補修が必要なケースが出てきたり、あるいは改築の際に建て増しが必要になったりすることもあるからです。それだけに現在の住まいの状況、生活スタイル、予算などを考え合わせ、専門家と相談しながら計画を立てることが重要です。

住宅リフォームの基本ポイント

(1)メンテナンスから本格工事まで
ひと口に増改築といっても、局部的な工事から大規模なものまで様々なケースがあります。 住まいの老朽化を防ぎ、新築に近い状態を保つだけなら、日ごろから傷んだ箇所を補修したり、 カーテン、カーペットなどを取り替えたりといったメンテナンスで対応できるかもしれません。しかし、 日ごろからこまめな補修を行っていても進んでしまう、素人では対応できない家の老朽化やライフスタイルの変化など、 いくつかの要因が重なった時期に本格的な増改築を行うと良いでしょう。

(2)何を優先させるか
住宅のリフォームを行う場合は、住まいのどこが不具合なのかということだけでなく、 家族構成やライフスタイルなどについても再度、見直してみるとよいでしょう。ただ、漠然と「使いにくい」というだけでなく、どこに問題があるのかをはっきりさせておかないと、増改築の後も不満が残るといったことにもなりかねません。
専門家に依頼する前に、狭い、暗い、収納が不足しているなどの具体的な問題点を家族全員でリストアップしてみましょう。できれば、現状だけでなく何年か先まで考えて検討するのもよいでしょう。

(3)コスト面を考える
住宅リフォームは意外にコストがかかります。工事の内容によっては、坪当たりで新築のコストを上回る場合もあります。これは、 既存部分の解体費、仮設設備の設置費、リフォームに伴う周辺箇所の補強や改装などに費用がかかるためです。また、既存部分を傷つけないよう慎重に工事を行うことで日数がかかることもその一因です。既存の建物の状態や工事の範囲によっても、 坪単価は大きく違ってきます。予算が足りない場合は、工事を2〜3回に分けて行うこと等も含め、専門家に相談しましょう。

(4)見えない所も要チェック
いくら毎年チェックしていても、住まいの傷みは目に見えないところで進行していることがあります。増改築が決まったら、専門家に天井裏や屋根裏、床下なども見てもらい、補修すべきところは増改築工事と一緒に直しておくとよいでしょう。例えば、壁紙をはがしたら下地が腐っていたとか、床板を外すとシロアリがわいていたなどの状況も考えられるからです。

家庭の窓装飾といえば、長い間カーテンが主流でしたが、最近では種類が豊富になったこともあって、ブラインドやロールスクリーン等も取り入れられるようになりました。
主な種類と特徴

(1)カーテン
最もポピュラーな窓装飾で、たくさんの種類があります。まず生地によって、次のように分類されます。

* ドレープ
厚手のカーテン。遮光性に優れており、断熱、遮音等の効果など。

* レース
薄手のカーテン。一般的には、白やアイボリーなどの淡い色で直射日光をやわらげ、採光を保ちながら外からの視線を遮ることができる。

* ケースメント
ドレープとレースの中間の機能を持ったカーテン。ざっくりした風合い。

* スタイルカーテン
吊り方や生地の大きさなどで変化をつけ、装飾性を高めたもの。

(2)シェード
1枚の生地を上下方向に開閉させて日光や視線を遮ります。たくしあげる際にできるヒダが窓の様々な表情を見せてくれます。ローマンシェード、バルーンシェード、オーストリアンシェードなどがあります。

(3)スクリーン
上端と下端にバーを取り付けた1枚の生地を上下や左右に開閉するものです。布以外にも紙や木や竹製のものもあり、光の透過性も様々なので、用途によって使いわけることができます。ロールスクリーン、プリーツスクリーン、スライディングスクリーンなどがあります。

(4)ブラインド
スラット(羽根)の操作によって、日光や視線を調節します。直線的なラインがシャープな印象です。ベネシャンブライド、バーチカルブラインド等があります。

窓装飾選びのポイント

(1)遮光、防音などの機能だけでなく、窓装飾は部屋の雰囲気を決める重要なインテリアです。窓の面積や素材、柄、色などによって、部屋のイメージも変わりますし、建物の一部として外からの見え方にも十分配慮して選びたいものです。さらに窓枠の外側に付けるか内側に付けるかでは寸法も違ってきます。

(2)生地を選ぶ際には、小さなサンプルだけで決めてしまうと、イメージしていたものと実物とのギャップが生じることもよくあるので、なるべくショールームなどに出向き、実際の大きさに近いサンプルを見て確認することをお勧めします。

(3)壁や家具とのコーディネート、部屋の用途などを考慮して選ぶことも大切です。例えば、人の集まるリビングルームなどは、あまり奇抜なものよりも自然で落ち着いたもののほうがよいでしょう。

(4)カーテンボックスを設けたリ、装飾的なレールで変化をつけることもできます。窓装飾はメンテナンスを考えて、取り外しが容易で手入れがまめにできるものにしましょう。

室内で大きな面積とる壁は、インテリアのイメージを左右する重要な存在です。 したがって壁装材は、質感や色の選定は極めて大切です。また、デザインだけでなく断熱性や遮音性などの機能も重要です。

主な種類と特徴

(1)壁紙 ‥最も広く使われる壁装材です
* 紙壁紙
加工紙の表面に色や柄を印刷し、ほこりが付かないように樹脂加工した壁紙です。また、襖紙として加工された和紙を和風の壁紙として使うこともあります。

* 織物壁紙
レーヨンやナイロンといった化学繊維や麻、ウールなどの天然繊維で織った壁紙です。質感に柔らかさや高級感がありますが、コストは高めです。

* ビニル壁紙
色やデザインの種類が多く、安価で施工性にも優れています。 しかし、湿気を吸収しないので結露しやすいという短所もあります。

* その他には、無機質壁紙、木質系壁紙などがあります。

(2)塗装
左官工がコテ塗りをする工法で、継ぎ目がない壁面ができます。また、耐火性、耐熱性にも優れています。セメントモルタル塗り、プラスター、繊維壁、しっくい壁、テラゾー塗りなどの種類があります。

(3)吹き付け
左官工事の一種で、吹き付けによって施工を合理化して、塗り壁のテクスチュアをつくるものです。住宅の内装では、水溶性樹脂・合成樹脂系の薄付け仕上げが主流ですが、一般に耐久性・耐水性は、やや劣ります。また、吹き付けタイルと呼ばれるらく壁、繊維壁、樹脂リシン壁などの種類があります。

珪藻土  

「アトピー」や「喘息」は、カビ・ダニなどによるアレルギーが主な原因と言われています。そのため、アトピーや喘息の予防には、湿気や結露に起因するカビ・ダニの発生を抑制する「湿気対策」が重要となります。(湿気対策は住む人だけでなく、建物の健康を図ることにもなります。)

また、産業廃棄物などの「ゴミ」、とりわけ建築廃材は量も膨大で、しかも地球の環境保全に大きなダメージを与えるものも少なくありません。そこで、建物の内外装材も、「再資源化が可能なもの」や「土にかえるもの」などの住む人と建物、そして地球環境にも配慮した素材選びが求められてきているのです。

その意味で近年、「珪藻土」が注目を集めています。珪藻土は、健康・快適空間を作り、シックハウス症候群など現代住宅の悩みや問題を解決する壁装材です。珪藻土の特徴である不燃、調湿、呼吸性、消臭、空気清浄機能、防水機能、断熱性などを兼ね備え、現代住宅に望まれる健康・快適・安心を実現する健康素材です。

珪藻土とは
珪藻土とは、植物プランクトン(水中の藻)が海や湖の底に長い間に堆積・化石化した土です。その主成分は、木炭の数千倍という超多孔室の珪酸質からできています。耐火性に優れているため、古くから七厘・コンロ・耐火レンガの原料として使われ、現在では酒やビールなどの「ろ過材」、吸着・脱臭剤などとして幅広く使われています。

素足に触れることの多い床材は、素材の感触が決め手となります。床に座る生活か、椅子に座る生活かといったライフスタイルによっても適した床材は違ってきます。 さらに汚れやすく、消耗が激しい場所なので、掃除のしやすさや耐久性にも優れていることが必要です。

主な種類と特徴

(1)カーペット
足触りが柔らかく、 保温性や吸音性に優れています。さらに装飾性も高く、住宅の床仕上げの素材として最適です。テクスチャーでは、 織り込んだパイルをカットしたタイプ、パイルがループ状のタイプ、平織りやフエルト調のフラットタイプに大別できます。

手織りの緞通が最も高級ですが、織り方や毛足の長さ、色柄や感触など、高級感のあるものから実用的なものまで揃っていますので、 部屋の用途や雰囲気に合わせて選びましょう。材質としては、ウール(毛)と合成繊維が主流です。ウール(毛)は、 保温性・防火性がよく発色も優れています。また、ナイロン、アクリルなどの合成繊維は、防カビや防虫性に優れています。

(2)畳(たたみ)
夏は湿度を吸収し、冬は排出することで快適な空間を保ちます。また、畳は部屋の二酸化窒素を吸収する効果があるとも言われています。畳の大まかな構造は、「畳表」「畳床」「畳縁」からなっています。但し、中には「縁なし」のものもあります。

畳表は、麻経糸表か綿経糸表と呼ばれるものが一般的ですが、編んでいる経糸の品質が異なるだけで、見た目はほとんど変わりません。畳床は、ワラ床(乾燥した稲ワラのみを使用したもの)、サンド床(発砲ポリスチレンフォームを乾燥した稲ワラで上下をサンドしたもの)などに分類されます。

(3)フローリング
フローリングの魅力は、自然素材の質感です。材質や色など様々なものがありますので、好みに合わせて選びましょう。耐水性や耐久性を高める加工を施したものや、床暖房を使用する箇所には専用のフローリングを用います。
@単層フローリング‥原板から加工した無垢板を使用したもの。
A複合フローリング‥合板を台板として表面に天然木化粧単板または、特殊加工(印刷)化粧紙などを貼り合わせたもの。

防炎物品ラベル  

毎年多くの住宅火災が発生していますが、その多くはタバコやコンロの火などの小さな火種が布団や衣類などに着火し、延焼が拡大するために起こっているのが現状です。そこで繊維の燃えやすい性質を燃えにくくし、安全な環境づくりに配慮した防炎品が誕生し、昭和44年から消防法(第8条の3)に定められた防炎性能規準の条件を満たしたものを防炎物品と呼んでいます。 以下は、防炎防火対象物(高層建築物、地下街、劇場、病院など)で使用する場合、防炎物品でなくてはならないと定められています。

* カーテン、布製ブラインド等
* じゅうたん等(ござ、人口芝など)
* 展示用合板
* 舞台において使用する幕及び大道具用の合板
* 暗幕・どん帳
* 工事用シート

防炎物品ラベル  
防炎性能試験に合格した防炎物品には、消防法に基づき、防炎物品ラベルを付することになっています。この防炎物品ラベルを付することのできる者は、消防庁長官により「登録表示者」として登録を受けた者に限られています。日装連加盟の当組合はこの防炎物品ラベルの受支給業務を行っています 。

高齢者や身体に障害を持つ方ができるだけ安全で快適に暮らすことができるように施したものを「障壁のない(障壁を取り除く。)」という意味で「バリアフリー」といいます。

安全で快適に暮らすためのポイント

開口部
楽に開閉でき、車椅子を使用する場合も考慮して、開口幅をできるだけ広くとるとよいでしょう。また、ドアや引き戸は閉じた状態では住まいの立派なバリアでもあります。

段差の解消
リビングとテラス、居間と廊下、浴室と脱衣所、トイレと廊下など様々な段差がありますが、つまづき等の原因や車椅子の使用に際しては、大きな障壁ともなりますので、 極力抑え、段差をなくすようにしましょう。

ハンドル、引き手
加齢年齢に伴って握力や視力が低下してくると、丸型のドアノブを握って回すという動作が困難になるため、大型のハンドルや引き手にして、開閉にかかる負担を軽減しましょう。


滑りにくく傷に強い床材なら杖や車椅子でも安心です。

廊 下
手すりの設置や車椅子の使用等を考慮した幅を確保することが望まれます。また、車椅子の転回が可能なスペースを設けられればより快適になるでしょう。

階 段
緩やかな勾配で昇り降りしやすい階段にし、途中で踊り場を設けると昇降の際の負担が軽減されます。また、階段の両側に手すりを設置し、その手すりが廊下まで続いていることが理想です。さらに足元灯などを設置するとよいでしょう。

玄 関
上がり框(かまち)はできるだけ低くし、手すりや踏み台をつけるとよいでしょう。また、滑りにくい床仕上げにすることも重要です。

キッチン
調理台などの高さは高齢者の身長や車椅子を使用する場合を考慮することが重要です。また、火を使わない電磁調理器など高齢者が安心して使える配慮も必要ですし、冬のキッチンは足元が寒いので、暖房器具だけでなく床暖房等も取り入れるとよいでしょう。

浴 室
握りバーを付けたり、浴槽底部等に滑り止め加工を施したものにするなど安全性に配慮するとともに、縁に腰掛けて出入りできるように広い腰掛けスペースのある浴槽にするとよいでしょう。また、居室と浴室の急激な温度差による身体への負担を軽減するための浴室内暖房を検討することも重要です。

トイレ
立ち座り時の膝や腰への負担を威厳するための手すりを設置するとともに冬期の温度差が危険なので便座を含め、暖房機器を設置することも重要です。また、介助スペースが確保できることも重要な要素です。

シックハウス症候群の主な原因

冷暖房機器の導入、高断熱、高気密化、新建材の利用などで居住環境は大いに改善されました。しかし、改善の「副作用」とでもいうべき新たな環境問題が発生し、その代表的なものが「シックハウス症候群」と呼ばれる室内空気汚染問題です。シックハウス症候群は、ホルムアルデヒド等の※VOC(揮発性有機化合物)と呼ばれる化学物質が主な原因です。

VOC・・・Volatile Organic Compounds(揮発性有機化合物)の略で、常温で空気中に確認された有機化合物(ホルムアルデヒド、クロルピリホス等)の総称です。


ホルムアルデヒド  
ホルムアルデヒドは、鼻・のど等への刺激作用が強い化学物質で、水に溶けやすく、 揮発性が高い物質です。厚生労働省では、ホルムアルデヒドの室内濃度指針値を0.08ppm以下と設定しています 。