ページの更新
(1) 日本室内装飾事業協同組合連合会との直結

当組合は日本室内装飾事業協同組合連合会(日装連)に加盟し、組合及びその所属組合員の経済的地位の改善のためにある団体契約の締結に基づいた活動を基本事業としています。
(2) 総会、理事会、内装士会、委員会の活動

組合の事業活動の推進と、またその具体的活動内容の計画についての取り決めを行っています。また東北ブロックでの会議等を通して、各県組合間の連携と情報交換を行っています。
(3) 組合員の技術の改善向上、知識の普及を図るための教育および情報の提供

[技能士制度に関する事業]
厚生労働大臣認定資格で毎年検定試験が実施され、組合では受験案内、実技トライアルなどを行っております。

[内装士制度に関する事業]
日装連制定のインテリアデコレーター(内装士)等の試験については組合員に、試験の案内をし、受験を促しています。

[防炎講習会]
組合員を対象に防炎に関する講習会を実施しています。

[最新情報の収集]
各メーカーをはじめ、インテリア関連情報の交換ネットワークやショールーム見学会などを通して常に最新の情報を入手し、それを現場に活かせるよう務めています。

[インテリア講習]
より便利に、より安全に、より美しく、ひとつ時代の先をゆく新しいインテリアプランをご提案するための学習をしています。

[施工技術向上の講習]
より早く、より丁寧な施工技術を常に研究・追求しております。
(4) 技能検定(国家試験資格)の指導

(3)の技術改善事業に関連し、技能検定試験の指導・斡旋や、各種実技トライアル講習会などを実施し、施工技術者の安定した技術レベルの確保と育成に取り組んでいます。
(5) 防炎・防燃ラベルの受支給事業

燃えにくい繊維を用いて、安全な環境づくりに配慮した防炎品が誕生し、防炎性能規準の条件を満たしたものを防炎物品と呼んでいます。

防炎性能試験に合格した防炎物品には、消防法に基づき、防炎物品ラベルを付することになっています。

防炎物品ラベルを付することのできる者は、消防庁長官により「登録表示者」として登録を受けた者に限られています。当組合(日装連)ではこの防炎物品ラベルの受支給業務を行っています。
(6) 組合員の取り扱う室内装飾用資材の共同購入
(7) 組合員の行う室内装飾工事の共同受注
(8) 組合員の福利厚生に関する事業

福祉共済制度及び共済年金制度の実施を行っています。
(9) シルバー人材センターの職業訓練

“シニアワークプログラム”の支援
シニアワークプログラムは、高齢者の雇用・就業機会の確保を促進する事を目的として、57歳から65歳までの高齢求職者を対象に、地域の事業主団体の参画・協力のもとに、雇用を前提とした技能講習などを実施するものです。当組合で は、講習修了者を対象として、事業主団体傘下の各事業所において職場体験講習を受け入れています。
 防火施工管理ラベル
カーテンラベル
敷物ラベル(ピース用)
敷物ラベル(施工用)
壁装ラベル「不燃」
壁装ラベル「準不燃」
壁装ラベル「難燃」
 各種功労・功績表彰
山形庁舎ブラインド及びケースメント工事共同受注の功労感謝状
山形知事より功績表彰
 日装連認定証
内装士事業所認定証(日装連)